家を売る時の税金

不動産を購入すると税金が発生するように、実は家を売るときも税金は発生します。税金の他にも仲介手数料なども発生し、多くの費用が必要となります。仲介手数料であれば、媒介契約時にいくらかわかりますが、税金となると不動産の種類や物件の規模などの条件によって変化します。後で税務署で確認しようと考えても、譲渡するタイミングによって税額は変わるので、売却する前から、ある程度税金については把握しておいた方が良いです。

税金に関する知識がなければ、大きな損をすることもあります。これは不動産に関する税金でも控除を受けられるので、条件に合致し控除が発生するかどうか、知っておくべきなのです。また税率は、ある年度になると変化することもあるので、今税率はいくらか正確に把握しておいた方が良いです。ちなみに家を売ると、分離課税と言い、給与所得などと他の収入と分けて税金を計算します

税務署また発生する税金に関しては、確定申告をして支払わないとなりません。
登記移動を行なうと、法務局から税務署に情報が伝わります。
そのために確定申告を忘れると、脱税となり、期日まで納税しないと、後で追徴課税を課され、延滞金が発生することもあります。

そのために、家を売った場合は、必ず確定申告をするようにしましょう。そして家を売る前には、どのような税金が発生するのか、控除はどのような条件だと受けられるか知っておきましょう。税金は、家を売って利益が出た場合と、出なかった場合で変わってきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket